急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働く看護師

看護師が急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働くとどうなると思いますか?

「急な休みなんて取れなくて当たり前じゃん!」
と思っているかもしれません。

でも、その考えを持っていると、あなたの人生はお先真っ暗です。
今の病院は急な休みを取りにくそうだから不安という看護師さんも、すでに急な休みが取れなかったという経験がある看護師さんも、急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働く看護師の末路を見ていきましょう。

看護師が急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働いた時の悲惨な結末

ケース:① 体調不良でも急な休みを貰えない

看護師が体調不良で急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働くと、体を壊して退職する羽目になります

体調不良なのに急な休みを貰えないと、次からはどんなに体調不良でも急な休みを貰おうとせずに、無理に働きますよね。
そうすると、ずっと体調不良の状態が続き、最終的には働けない状態にまでなって退職することになるのです。

ケース:② 冠婚葬祭でも急な休みを貰えない

冠婚葬祭で急な休みが必要なこともあります。
特に、葬儀では急に「明日休みます」ということも十分にあります。

それなのに、急な休みを貰えないと、家族・親族からは総スカン状態
家族・親族以外の葬儀でも、葬儀に参加できなければ、人間関係はギクシャクして修復できないものになるでしょう。

ケース:③ 子どもの体調不良でも急な休みを貰えない

看護師さんの中にはお子さんがいらっしゃる人もいますよね。
まだ子供はいないけれど、近い将来子どもを産む予定・欲しいと思っている人もいると思います。

子どもはすぐに熱を出します。
その時に急な休みを貰えなければ、子どもの健やかな成長に黄色信号が灯ります。

幼いながらも、
「ママは僕(私)が病気でもお仕事行っちゃうんだ」
と寂しい思いをしますし、母親は自分を守ってくれない人と認識してしまいます。

そうすると、情緒不安定になったり、将来的に愛情不足と感じたことから引きこもりや非行に走る可能性も十分にあります。

ケース:④ 家族の急病でも急な休みを貰えない

家族が事故に遭った。
急病で意識不明の状態になった。

考えたくもありませんが、こういうことは現実に起こります。

もしかしたら、そのまま亡くなってしまうかもしれません。
急な休みを貰えないと、死に目に会えないかもしれないんです。

そうしたら、あなたは一生後悔するでしょう。

ケース⑤:家庭の事情

家庭の事情で急な休みが必要なこともあります。

そんな時に、休むことができなかったら?
そうです。
家族関係にヒビが入ります
それをきっかけにして家族崩壊するかもしれません。

また、必要な手続き等ができずに取り返しがつかないことになるかもしれません。

急な休みを取りにくい病院で働く看護師は今すぐ転職を!

看護師が急な休みを取りたいけど取りにくい病院で働くと、悲惨な末路が待っています。

生活していれば、どうしても急な休みが必要な時はあります。
そんな時に、快く休み取らせてくれる病院はあります。

今のうちに急な休みを取りやすい病院に転職しておけば、悲惨な末路を回避することができますよ!