写真報告3.11赤浜[4]


4回目1カメラを蓬莱島方面から赤浜にある東京海洋研究所国際沿岸海洋研究センター付近の海岸に向けると、白波を受けた漁船が転覆している様子が確認できた。手前の漁船に人がいるのかどうかは全く不明だ。津波の第一波か?写真歴四十数年の経験を持ちながら、日時のデータを自分のミスで消去してしまった。歴史的な記録だっただけに、本当に悔やまれる。午後3時20分頃、菊池公男さん撮影
朝日新聞の2011年6月25日の記事「大槌の3.11映像・証言基に再現」を見ると、「午後3時17分、ビデオ映像から、沖で津波が口を開けている様子がわかる」とある。蓬莱島の鳥居が半分沈んでいるのが見え、住民は「津波が来るぞ」と口々に言い始めた。

コメントを残す

* RSS FEED

404