長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院人気ランキング

「とにかく長期連休が欲しい!」
「夏休みが長くもらえれば、1年間頑張れる!」
そんなあなたのために、長期連休を取りやすい・夏休みの日数が多い病院人気ランキングを作りました。

ランク付けした病院のタイプはこちらです。

病院のタイプ 8つ
・私立大規模病院(高度急性期、急性期)
・公立大規模病院(高度急性期、急性期)
・中規模病院(急性期・回復期)
・中規模病院(ケアミックス)
・中規模病院(回復期・慢性期)
・小規模病院(高度急性期)
・小規模病院(急性期・回復期)
・小規模病院(慢性期)

この中で長期連休が取りやすい・夏休みの日数が多い病院はどこだと思いますか?

長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院人気ランキング

長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院人気ランキング
1位 私立大規模病院(高度急性期、急性期)
(5.0)
2位 公立大規模病院(高度急性期、急性期)
(4.0)
3位 中規模病院(回復期・慢性期)
(3.5)
4位 中規模病院(急性期・回復期)
(3.0)
4位 中規模病院(ケアミックス)
(3.0)
4位 小規模病院(慢性期)
(3.0)
7位 小規模病院(急性期・回復期)
(2.5)
8位 小規模病院(高度急性期)
(1.5)
 

解説

長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院の1位は、私立の大規模病院です。
私立の大規模病院は、夏休みが5~6日あって、公休や有給と合わせて、1週間~10日程度の連休を取れるところが多いです。

私立の大規模病院の東京・大阪・名古屋の具体例と口コミをご紹介します。

東京で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 私立大規模病院(高度急性期、急性期)
・東京労災病院(大田区)=希望休は比較的取りやすい、毎月3~4連休も可能
・東海大学医学部付属八王子病院(八王子市)=夏と冬に1週間ずつの休みが取れる
大阪で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 私立大規模病院(高度急性期、急性期)
・淀川キリスト教病院(東淀川区)=夏休みは7日間〜9日間もらえる、休み希望はほぼ通る
・大手前病院(中央区)=休み希望は月5日まで書ける。有給消化率は8割程度、融通も利く
名古屋で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 私立大規模病院(高度急性期、急性期)
・中部ろうさい病院(港区)=1週間以上の長期休暇をとることも可能
・名古屋第二赤十字病院(昭和区)=休みの希望が取りやすい、長期で1週間ほど休める

2位は公立の大規模病院です。
公立の大規模病院も夏休みの日数は5日程度ありますので、長期連休を取りやすいです。
ただ、私立よりも厳格なところがあり、「夏休みの連休は1週間までというのが暗黙の了解」のような雰囲気のところが多いです。
若手看護師は長期連休は取りにくい雰囲気のところもあります。

2位の公立の大規模病院の東京・大阪・名古屋の具体例・口コミはこちらです。

東京で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 公立大規模病院(高度急性期、急性期)
・東京都立小児総合医療センター(府中市)=月5日ほど希望を出せ、ほぼ希望が通る
・東京都立広尾病院(渋谷区)=比較的出しやすい
大阪で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 公立大規模病院(高度急性期、急性期)
・大阪市立大学医学部附属病院(阿倍野区)=希望休は比較的取りやすい、夏休みは7~8日間の連休が取れる
・大阪市立総合医療センター(都島区)=希望が通らなかったことは無い。夏休み5日まとまった休みになっていた)
名古屋で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 公立大規模病院(高度急性期、急性期)
・名古屋大学医学部附属病院(昭和区)=最長で10連休ほど取ることが可能、希望休を月5日程度は取得する
・名古屋市立東部医療センター(千種区)=希望休は4日がつけられる。かなり長期で休みが取れる

3位の中規模病院(回復期・慢性期)は夏休みの日数は4~5日と大規模病院には劣りますが、ワークライフバランス重視派の看護師が多いです。
みんなで譲り合いながら、夏休みに公休・有給を1~2日つけて、1週間程度の長期連休を取れるところがあります。

中規模病院(回復期・慢性期)の東京・大阪・名古屋の具体例と口コミはこちらです。

東京で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 中規模病院(回復期・慢性期)
・代々木病院(渋谷区)=ほぼ申請通りに通る。急な休みにも快く対応してくれる
・初台リハビリテーション病院(渋谷区)=希望が通りやすい
・救世軍清瀬病院(清瀬市)=月5日まで希望が出せてほぼ通る
大阪で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 中規模病院(回復期・慢性期)
・多根第二病院(港区)=年度内に9日間の連続した休みをもらえる
・照葉の里箕面病院(箕面市)=有給を使えるし、急な休みにも対応してもらえる
・千里リハビリテーション病院(箕面市)=休みは多く連休もとれた。リフレッシュ休暇が7日もらえた
名古屋で長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い) 中規模病院(回復期・慢性期)
・熱田リハビリテーション病院(熱田区)=お休みは取りやすい。有給消化率が高い
・勝又病院(中区)=有給の消化率がとてもいいし。希望も融通は利く
・偕行会城西病院(中村区)=休日希望は通りやすかった。有給消化しやすい

中規模病院の夏休みの日数は先ほど言ったように4~5日程度ですが、急性期を扱う病院は回復期・慢性期中心の病院よりもワークライフバランス重視派が少ないので、1週間の連休をとるのは難しいところが少なくありません。

また、小規模病院は夏休みは3日程度、ひどいところだと夏休みがないというところがあります。
有給を取りやすい小規模慢性期病院であれば、公休+有給で長期連休をとることもできますが、急性期・回復期の小規模病院は夏休み+有給でも4~5日程度が限界、高度急性期の小規模病院は3~4日の連休が限界というところも多いです。

長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院に転職するなら、看護師転職サイトを使おう!

長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院人気ランキングを見て、
「長期連休が欲しいから、1位の私立大規模病院(高度急性期、急性期)に転職しよう!」
と決めた看護師さんもいると思います。

ちょっと待ってください!
この長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院人気ランキングは、あくまでも目安です。
1位の私立大規模病院(高度急性期、急性期)なら、絶対に1週間以上の長期連休を取れると決まったわけではありません。
1位の私立大規模病院(高度急性期、急性期)は長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院の割合が多いというだけです。
だから、私立大規模病院(高度急性期、急性期)の中には長期連休が取れない所もあります。

逆に8位の小規模病院(高度急性期)の中にも、1週間以上の長期連休を取れるところは少ないながらもあります。

だから、長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院に転職したいなら、事前にきちんと長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)かどうかを調べておく必要があるんです。
長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)かどうかを調べるためには、看護師転職サイトを使うのが便利ですよ。

看護師転職サイトなら転職コンサルタントが、長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)かどうかをしっかり調べてくれます。
だから、確実に長期連休を取りやすい(夏休みの日数が多い)病院に転職できますし、転職後に後悔することもないんです。