体調不良で休みたいけど休めない病院で働く看護師

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働いていることはよくあること。

体調不良でも休めないかもしれない。
体調不良なのに休めなかった。
これは看護師あるあるです。

でも、本当にそれで良いんですか?

今のままだと、取り返しがつかない事態になるかもしれません。

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働くと手遅れになる

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働いていると、あなたの体調は悪くなる一方。
手遅れの状態になることもあります。

ただの風邪だったのに無理をしていたら、肺炎を併発して入院したということも十分にあり得ます。
ほかの深刻な病気を見逃し、発見が遅れることもあるんです。
休みたいのに休めないことをストレスに感じ、自律神経失調症になることもあります、

体調不良なのに休めずに無理して働いていると、取り返しがつかないことになるかもしれません。
「まだ若いし大丈夫」
と思っているかもしれませんが、そんな保証はどこにもありません。
今無理をしたら、10年後・20年後に体がボロボロになってしまうこともあります。

50~60代になった時に「余命5年」のような状態になるかもしれません。
でも、その時にはもう取り返しがつかないんです。

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働いていると逮捕されるかも

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働いていると、逮捕されるかもしれません。

体調不良だと集中力が低下します。
集中力が低下すれば、医療ミスを起こします。
患者さんを死なせてしまうかもしれないんです。

医療ミスで業務上過失致死罪で逮捕された事例はあります。

また、あなたの体調不良は感染症から来るものかもしれませんよね。
感染症を持った看護師が働けば、院内感染が起こります。
あなたが院内感染源となるんです。

そうしたら、患者や家族から損害賠償請求の裁判を起こされるかもしれません。

病院が守ってくれるはず?
そんなわけはありません。
体調不良の看護師に休みを与えず働かせるような病院が、あなたを守ってくれるはずがありません。
それどころか、あなたに全責任を押し付けてくる可能性が高いです。

逮捕されたり、裁判起こされたら?
看護師人生終了です。
看護師人生どころか、あなたの人生自体が危うくなります。

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働くと家庭崩壊

自分の体調不良だけでなく、子どもの体調不良で休みたいけど休めないというケースもありますね。

子どもが熱を出しているのに、自分は仕事を休むことができない。
子どもの看病をせずに、赤の他人である患者の看護をする

あなたは後悔の念に苛まれるでしょう。

そして子どもは、「あの時、ママは私よりも仕事を優先した。見捨てられた」と思うはずです。
親子関係にヒビが入り、子どもはその時の心の傷を抱えて、非行に走ったり、引きこもりになるかもしれません。

体調不良で休みたいけど休めない病院で働く看護師さんは転職して!

看護師が体調不良で休みたいけど休めない病院で働くと、体はボロボロ&人生終了のコンボをくらうかもしれません。
家庭崩壊する可能性もあります。

そんなリスクを回避する方法はただ1つ。

体調不良ならすぐに休ませてくれる病院・休みを取りやすい病院に転職すること。
大丈夫。今ならまだ間に合います。