休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働く看護師

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働いていると心を病んでしまうかもしれません。
嘘をつかないと、希望の休みが取れない病院で働く看護師の末路を見ていきましょう。

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くとモヤモヤが残る

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くと心にモヤモヤが残ってしまします。

申し訳ない気持ちでいっぱいになる

いくら嘘をつかないと希望した日に休めないと言っても、
「祖父が亡くなったので」
「母の具合が悪くて」
「子どもが熱を出して」
など、家族・親族の不幸や病気と嘘をついてしまうと、
嘘と言っても家族を病気にしてしまった・・・
と家族に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

嘘をついた後悔が残る

休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くと、休みを取れても「嘘をついた」という後悔が残ります。

「嘘をつかないと休みを取れない。でも、嘘をつくのはもやもやする」
と良心の呵責に苛まれることになります。

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くと肩身が狭いかも

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くと、肩身が狭い思いをすることになる可能性が高いです。

なぜなら、嘘は意外と簡単にバレるからです。

あなたはバレないと思っていても、嘘はちょっとしたことでバレます
看護師の事例ではありませんが、市の職員が「看護休暇」と嘘をついて仕事を休み、遊んでいた様子をSNSにアップしてバレて停職3か月の処分になったということがありました。

もし、あなたが嘘をついて休暇を取っていたことが職場にバレたら?
間違いなく、肩身が狭いですよね。
みんなにヒソヒソされて、無視されることになるでしょう。
職場でハブられることになるんです。
最悪ですよね。

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働くと心を病むかも

看護師が休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働いていると、心にモヤモヤが残ります。
また、職場でハブられるリスクがあるんです。

今のところは嘘がバレていなくても、
「いつかバレるかも。バレたらどうしよう」
と心配しながら働くことになるんです。

そんな精神状態が続けば、あなたは心を病んでしまうかもしれません。
そして、看護師として働けなくなるかもしれないんです。
心を病んでしまったら、その後の人生はお先真っ暗ですよね。

休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働く看護師は今すぐ転職!

休暇で嘘をつかざるを得ない病院で働いている看護師さんは、今すぐ転職して下さい。
休暇を取るために嘘をついて、挙句の果てに心を病むなんてもったいないと思いませんか?

だって、嘘をつかなくても休暇を取れる病院は沢山あるんですから。
だから、今のうちに休みが取りやすい病院に転職しましょう!