有給取得率が低い病院で働く看護師

看護師の有給取得率が低い病院で働いている人はいませんか?

「うちの職場ってみんな有給を取らないんだよね。だから、なんか私も有給を申請しにくくて」
と思っているあなたは非常に危険です。

あなたもそのうち有給を取得しようと思わなくなります。
そして、悲惨な末路が待っているかもしれません。

看護師の有給取得率が低い病院で働くと洗脳状態になる

看護師の有給取得率が低い病院で働いていると、あなたは洗脳状態になります。

「有給を使ってはいけない」
という洗脳状態です。

同僚・先輩が有給を取得しない病院で働いていれば、いつの間にか
「有給は使ってはいけないもの」
と脳内に刷り込まれ、感覚がマヒし、有給を使おうと思わなくなるんです。

看護師の有給取得率が低い病院で働いた時の末路・・・

看護師が有給取得率が低い病院で働くと、悲しい末路が待っています。

疲労が溜まる

看護師の有給取得率が低い病院で働くと、心も体も疲労困憊になります。

疲れても有給を使おうと思わないんですから、当たり前ですよね。

医療ミスを起こすリスクが高まる

看護師の有給取得率が低い病院で働くと、あなたは近い将来医療ミスを起こすかもしれません。

有給を使わずに馬車馬のように働く毎日。
そうすると、先ほど言ったように、疲労が溜まっていきます。
疲労が溜まれば、集中力がなくなります。
集中力がなくなれば、仕事でミスをしやすくなります

重大な医療ミスで患者さんは命を落とすかもしれません。
医療ミスをしたら、免許取り消しにならなくても、もう怖くて看護師として働けなくなるかもしれません。

過労死するかもしれない

看護師の有給取得率が低い病院で働くと、過労死を起こす可能性もあります。

疲れていても、ただひたすら働く毎日を送っていたら?

そう。過労死が待っています

「過労死なんて大げさ!」
と思うかもしれませんが、過去には看護師が過労死した事例はあるんです。
過労死するなんて、悔やんでも悔やみきれないですよね。

有給取得率が低い病院で働いている看護師は今すぐ転職!

看護師の有給取得率が低い病院で働いていると、悲惨な末路をが待っています。

でも、あなたは悲惨な状態になる前に、
「看護師の有給消化率が低いのってヤバいかも」
と気づくことができましたよね。

有給取得率が80%以上の病院はたくさんあります。
有給消化率100%という病院もあるんです。

手遅れになる前に、有給を取得しやすい病院・休みが取りやすい病院に転職することをおすすめします。