葬式で休みたいけど休めない病院で働く看護師

看護師が葬式で休みたいけど休めない病院で働いているとどうなるのか?
あなたは想像したことがありますか?

休みが取れないから葬式に出られなかったら、人間関係が崩壊します。
さらにあなたの心も壊れるんです。
今、葬式に出られそうもないことを恐れている人も、すでに葬式に出られなかったことに後悔している人も本当にそうなるのかを今から一緒に見ていきましょう。

看護師が葬式で休みたいけど休めない病院で働くと人間関係が崩れる

看護師が葬式で休みたいけれど休めない病院で働いていると、人間関係が崩れます。

葬式は故人の死を悼み、故人とお別れをし、残されたもので悲しみを分かち合う場です。
そこに「仕事で休みが取れないから」という理由で出席できなかったらどうなるでしょう?

「あの人何なの?」
「死を悲しんでないんだ」

と思われることになります。

友人や恩師のお葬式に参加できなかったら、仲間からハブられることになり、LINEグループから外されるかもしれません。
家族や親せきのお葬式に参加できなければ、今後どうやっても埋められない溝が作られることになります。
家族関係は最悪になりますし、勘当状態になる可能性すらあります。

表向きは、「仕事だから仕方ないわよ。看護師さんは忙しいし」と言ってもらえても、これは建前。
本音は「お葬式に出ないなんて非常識!もう関わらない方が良いわね」と思われていることになり、あなたの人間関係は崩壊するのです。

今まであなたが築き上げてきた人間関係が崩壊したら?
今後の人生は地獄です。

看護師が葬式で休みたいけど休めない病院で働くとあなたの心が壊れる

看護師が葬式で休みたいけど休めない病院で働くと、あなたの心が壊れるかもしれません。
看護師は死と向き合う仕事。
それなのに、自分の家族・親戚・友人・恩師の葬式には出られなかった。

「休みが取れなくて葬式に出られなかった」という事実は、あなたの心に重くのしかかります。
ずっと後悔という名のトゲが心に刺さり続けるのです。

ずっとその痛みを抱えていたら、そのうち耐えきれなくなり、心が壊れることになります。
実際に私は、近しい人の死を弔えなかったことで心が壊れた人を知っています。

葬式で休みたいけど休めない病院で働く看護師は転職を!

看護師が葬式で休みたいけど休めない病院で働く看護師は、人間関係が崩壊し、心が壊れるリスクを抱えています。
既に休みが取れなくて葬式に出られなかった人は、あなたが気づいていないだけで、もう人間関係が崩壊し始め、心が壊れかけているかもしれません。
いつかは必ず誰でも死ぬものです。
だから、これからも葬式に出なくてはいけないことが何度もあるでしょう。
そのたびに、あなたは「休めないから仕方ない」と自分に言い聞かせて、仕事のために人間関係を崩壊させ、心にトゲを刺し続けるのですか?
それでも、今の病院で働きますか?

あなたがやるべきことはただ1つ。
休みが取りやすい病院へ転職することだけです。