赤浜に街灯がつきました


街灯 今日は帰宅の途中、真っ暗だった赤浜に街燈がつき、とても驚きました。今は少しずつ日が伸びているとはいえ、午後5:30を過ぎるとほぼ真っ暗になります。
 赤浜も仮設のまわりは多少の街灯はありますが、赤浜中央部分の浸水エリアは全く明かりがありませんでした。いつもは真っ暗な道を、車のライトを遠目にして走行していましたので、明かりがともり、道の先が遠くまで見えたときは、目を見開き、「おーっ」と知らず知らず声がでてしまいました。
 写真をとりながら、眼がうるんできて、震災には、悲しいこと、うれしいことを含めて、何度泣かされたことかと、ふと、以前のことを思い出し、しばしの間、感慨にふけってしまいした。たぶん、何人もの赤浜の人たちが同じような思いをしたことと思います。
                   赤浜の復興を考える会事務局  小豆嶋映子

コメントを残す

* RSS FEED

404