朝日新聞人脈記に川口会長が出ました


朝日新聞人脈記「進め ひょうたん島」の記事

朝日新聞夕刊1面(夕刊のない地域は朝刊の中の面)のニッポン人脈記で、「進め ひょうたん島」が始まりました。

復興に取り組む大槌町の人たちを取り上げています。3回目の「陸の船 お前をどうする」(6日金曜日、朝刊は7日土曜日)に、考える会の川口博美会長と彫刻家の星野敦さんが登場しました。大津波で赤浜の民宿「あかぶ」の上に乗った観光船「はまゆり」を巡る地元民の感情と、支援者の思いを伝えています。

One Response to “朝日新聞人脈記に川口会長が出ました”

  1. 諸井 郷子 より:

    私は秋田在住です。
    1993年から1997年大槌中学校で教師をしていました。
    詳しい事は後ほどメールさせて頂きますが、昨日、東日本大震災1年の追悼と復興祈願のささやかなイベントを秋田で行いました。
    今朝の読売新聞秋田版掲載されました。

    もし、宜しければお読みください。
    あの日から、ずっと大槌の復興を願い、祈り続けています。

    http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120311-OYT9I00636.htm

    http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120311-OYT9I00636.htm

コメントを残す

* RSS FEED

404