成人式 柏崎ももこさん


成人式 柏崎ももこさん2014年1月13日、大槌町で成人式行われ、ここ赤浜でも華やかな晴れ着姿の柏崎ももこさんが仮設住宅から中央公民館に向かいました。ももこさんは一昨年の高校三年生の時に当ブログにメッセージを寄せくれました。http://akahama.jp/archives/902
あれから2年、当時の目標を持ち続け理学療法士を目指し、千葉県の専門学校で勉強中です。同じ仮設住宅の田中悦子さんが、目に涙を溜めて、「同じ仮設から、こうして成人式に向かう晴れ姿が見れてとてもうれしい」と語ってくれました。小学校体育館での避難所生活の時、ももこさんは、いつもほがらかで、お掃除にゴミ集め、嫌な顔せずやってくれたそうです。いつも声をかけてくれた若い声に元気をもらったと、娘の事のように嬉しそうに話してくれました。
ももこさんは、「本当に成人していいのかなー」と少し不安気な様子でしたが、ブルーの着物がよく似合う落ち着きを持った女性に成長していました。後2年の勉強期間を経て、きっと立派な社会人になることと思います。

5 Responses to “成人式 柏崎ももこさん”

  1. みんな より:

    成人おめでとうございます。少子化の進む中、赤浜は何人くらいの成人が誕生したのでしょうか。 地元のために頑張ろうと思う気持ちは素敵で嬉しい限りです。しかしながらその思いが足かせにならぬ事も祈ります。

  2. 新成人、おめでとうございます。
    困難を乗り越え成長していく人の姿は心に希望を与えてくれます。
    勉強がんばってください!
    今後もささやかですがフランスから赤浜地区を始めとした被災地を支援していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    • 柏崎広子 より:

      ももこの母です。遠くフランスから応援していただき本当にありがとうございます。赤浜の復興はまだまだですが、こうして子ども達が頑張っているから今は辛抱の時だと思い、一日、一日、過ごしています。仮設住宅での生活もまだ続きそうですが、未来を信じ前に進んでいきたいと思っています。

  3. ひがしの より:

    おめでとうございます。吹奏楽部在籍中に、取材させてもらいました。淡々とした、気持ちの大きさを感じる人でした。できれば大槌のために、働いてほしいなと思います。
    今年も成人式を取材しましたが、こういう若い人が、大槌にはたくさんいることが最大の宝物です。あの震災を経験した子たちが、戻ってきて新しい町を作れば、すごい町になりますね。

    • 柏崎広子 より:

      ももこの母です。コメントありがとうございます。
      今は千葉でがんばっています。多くの方々にお世話になり二十歳になりました。ただ感謝あるのみです。あと二年学校を卒業するまでしばし、見守っていきたいと思っております。

コメントを残す

* RSS FEED

404