陸中弁天虎舞の新しい山車


陸中弁天虎舞の新しい山車
2013年9月15日、赤浜の陸中弁天虎舞の新しい山車がお披露目されました。遠野の宮大工さんが制作したもので、随所に凝った彫り物が施され立派な山車に仕上がっています。祭りの練り歩きが楽しみです。

陸中弁天虎舞の新しい山車2 陸中弁天虎舞の新しい山車案内
陸中弁天虎舞の新しい山車3 花輪田神楽

お披露目式は、赤浜の各掲示板にオレンジ色の紙に手書きしたものでお知らせされました。派手な用紙ではありましたがこの素朴な案内は、住民を浮足だつような思いにさせる効果があったようです。この日は、餅まき、虎舞、花輪田神楽の演芸もありました。


盛土の高さ掲示
現在、旧赤浜小学校体育館の窓に、将来の盛土の高さが示されています。計画では15mまで盛土され、下向き三角の下がその高さです。県道もこの高さに揃えバスセンター方面へ高さを保ち県道より山側を盛土していく事になります。大量の土が必要でありそして地盤が落ち着くまでどれだけの月日がかかるのかと、しかし、工事はどこも始まらず、ため息がもれてしまいます。

コメントを残す

* RSS FEED

404