赤浜公民館、避難ホール建設にともなう住民アンケート


公民館、避難ホール要望アンケート

6月25日に大槌役場招集の復興の会役員会が開かれ、赤浜公民館と避難ホールの建設についての説明がありました。内容は公民館と避難ホールが合築され現在のバスセンターの跡地に建築される予定であること、避難ホールは現在の赤浜小学校体育館程度の広さを考えていること、また、新しい建物の規模はあくまでも、震災前のものの復旧であり、それ以上のものは基本的には望めない事等が話されました。そして、住民の要望を取り入れ計画していく旨が話され住民としての案の要望がありました。そのことに伴い、赤浜の復興を考える会では、赤浜地区住民の要望をできるだけ取り入れるために、住民アンケートをとり、その結果を踏まえ地区としての要望を取りまとめ、7月10日の大槌役場招集の会役員会にて役場に伝える予定です。要望の取りまとめのために、役員会を7月に8日に開き、アンケート結果を参考にし赤浜地区としての案のまとめを行いまいした。
(案)
・避難ホールには倉庫を複数設置
・シャワールームを備える
・公民館には、多目的集会室として和室の部屋を3つ
・エントランスホールを広めする
・図書室、調理室は以前のものより広くする
・外で利用できるデッキを備える
※図面は後程掲載予定

要望アンケート回答結果は、以下よりご覧ください。
アンケート回答結果.pdf
アンケート回答結果.xlsx

コメントを残す

* RSS FEED

404