旧赤浜小学校の桜枝採取


旧赤浜小学校の桜枝採取2
5月28日、旧赤浜小学校校庭の桜の若枝の採取が行われました。大槌町役場都市整備課の赤浜担当のみなさんが主体となり、新緑の状態の桜の枝を採取し、埼玉県川口市の造園業者に送り、挿し木をしてもらい、この桜の木の遺伝子を残そうとしてくれています。以前も桜の花が咲く前のものを送り、接ぎ木にしてもらっているところですが、今度は、新しく伸びた若く元気が枝で挿し木での挑戦をするとの事です。川口市の造園業者さんとの縁は、以前川口市より派遣され大槌役場に応援にきていた職員の方が、川口市の造園業者さんに相談したところ、快諾してくださったとの事。たくさんの人の繋がりが被災地の復興に協力してくれています。
旧赤浜小学校の桜枝採取3
赤小校庭の5本の桜、それぞれから枝を採取し、証拠写真を添えて川口市まで送るとの事です。桜の木を増やすには、接ぎ木、挿し木の他に種子から育てる方法も可能なそうです。桜は花の後、小さなさくらんぼが生り地面に落ちます。それらの真ん中の種を土に植えると芽が出てうまく育てると枝になっていきます。やってみたいですね。
旧赤浜小学校の桜枝採取1
桜の木は、今、新緑の葉をふさふさ揺らし、晴れた日はたっぷり光合成をしてます。

3 Responses to “旧赤浜小学校の桜枝採取”

  1. akahama daisuki より:

    こんにちは  ホントにたくさんの方々に感謝です。
    そして 情報を 発信して下さる 小豆島さん ありがとうございます。
    「3、11大震災直後の軌跡」も 刊行まで 大変 ご苦労なさった事でしょうね。本当にありがとうございます。

    • shozushima より:

      こんばんは。
      いつもメッセージありがとうございます。
      「3、11大震災直後の軌跡」は私は全く役にたてませんでしたが、
      取材は長時間にわたり大変だったと思います。
      協力者には東大の先生、生徒さん、公民館文化体育部の方、その他の方々もいたようです。一人ではできないことも、力を合わせると短期間でも大きな実績が残せるという事ですね。

  2. 小林 満 より:

     ふるさと大槌会 幹事 (旧住所)大槌町新町5-10 小林水道
     
    先日は突然の電話すみませんでした、先週東大農学部の先生に大槌町に桜を植えようましょうと話し合いいたしました。 

     大震災から早くも二年半、私も肉親3人失いました。現在定年退職しますが病院勤務中ボランテア活動として桜の樹勢調査、後継樹育成等15年間余り活動してまいりました、大槌町はまだまだ復興には遠いと思いますが、川口さんをはじめ多くの赤浜の方々のには頭が下がります。何か微力ながらお手伝いできれば幸いです。
    名勝 小金井桜北上プロジェクトリーダー。桜100選 都立小金井公園桜守 世話人、日本花の会 会員。よろしくお願いいたします。
     

コメントを残す

* RSS FEED

404