2013.03.11赤浜合同三回忌供養


20130311三回忌供養1
2013年3月11日、あの日から2年目の日をむかえ、赤浜では地元の船揚場で海に向かっての合同の三回忌供養が行われました。この日は晴れてはいたものの、前日から続いた強風が残り冷たい風が吹く状態ではありましたが、船揚場には200名ほどの人々が集まり、犠牲者の慰霊追悼を行いました。2時46分町内放送で流れるサイレンの音とともに黙祷、それから、お焼香、献花を海に向かって行いました。海に向かい手を合わせ目を閉じる、その間、人々は犠牲者一人一人を思い浮かべ、話しかけ、そして冥福を祈ります。どれだけの想いが人々の頭上に登っていったのでしょう、見えるのであれば無数の想いが雲のように集まり渦巻き天に昇っていったのではないでしょうか。
 
20130311三回忌供養2
この日は釜石仏教会大槌支部の和尚様方が赤浜に歩いて登場し、お経をあげてくださいました。

 

 

 

 

 

20130311三回忌供養3
黙祷の前に、兵庫県立芸術文化センタースーパーキッズオーケストラによるバイオリン慰霊演奏が行われました。曲は「G線上のアリア」です。
20130311三回忌供養4
この日の夕方、旧赤浜小学校のグランドに「3・11」の形の船が置かれ明かりがともされました。この「とうほくこよみのよぶね」は岐阜の方々が行ってくれた催しです。たくさんの切り絵が貼られた船のやさしい行燈の明かりは癒しの明かりでした。去年は海に浮かび蓬莱島を周っていましたが、今年は強風のため、海上は難しかった模様です。遠い岐阜から、きれいな明かりありがとうございました。

2013年3月11日、全国のさまざまな場所で黙祷が行われる様子がテレビで放映されました。そしてそれは日本に限らなかったようです。今でも東北を思ってくれるたくさんの人々、応援、支援をしてくれるたくさんの人々がいます。この日を追悼の日だけにせず、多くの方々に感謝する日ともしたいと思います。

 

コメントを残す

* RSS FEED

404