2013年 赤浜のお正月


20130101日の出
2013年、震災後2回目の新年を迎えました。写真は赤浜の筋山の展望台からの写真です。
赤浜を応援くださっている皆様、あけましておめでとうございます。今年こそ、復興の様子がどんどん伝えられるような年になって欲しいと切に願っております。引き続き、応援のほどお願い申し上げます。

日の出に祈り  

何人かの人々が日の出を見に筋山に上がってきていました。初日の出に向かい、手を合わせ祈りを捧げます。

 赤く染まる筋山の木々  

朝日があたると筋山の木々が赤く照らされ、美しい。2013年1月1日元旦は晴れ。

 赤浜八幡神社  

元旦のこの日に、赤浜の人々は八幡神社に初詣に出かけます。お米、お賽銭、お年紙と言われる、棒に半紙の紙を挟んだ物を持ちお参りします。

 弁天様へお参り  

震災前は弁天様へ桟橋を歩き赤浜の人々は寒くてもお参りに行っていました。今は桟橋がなくなり、八幡神社から手を合わせます。

赤浜の神々
狭い赤浜にも、昔からの様々な神々が奉られていました。この中には震災で無くなったものもあります。子供の頃は、元旦の朝はこれらの神々を一つ一つお参りしていました。かじかんだ手をすり合わせながら、道で通りかかる人たちと、新年の挨拶を交わす。赤浜の良き習慣でした。
小さな鳥居がありましたが、何を祀っていたのかの詳細は記載する事ができません。このブログを見ている方で知っている方がおりましたら、ぜひ教えてください。
①八幡神社
②弁天様
③三日月山不動尊
④赤武の鳥居
⑤以前の幼稚園のあたりのお稲荷さん
⑥筋山へ向かう道の左側の沢にある鳥居
⑦以前の公民館の向かいの大きな樫の木の隣の鳥居
⑧海岸通りの鳥居

6 Responses to “2013年 赤浜のお正月”

  1. ひがしの より:

    弁天さんで被災後撮った写真があったと思うので探してみます。
    あとは、徳田健治さんに聞いてみます。

    • 小豆嶋 映子 より:

      東野さん、あけましておめでとうございます。
      赤浜の神様、もっとありました。後ほど追加します。
      周りに聞いて歩けば、もう少し詳細が書けるはずなのですが、なかなかできずにいます。

  2. いくみ より:

    あけましておめでとうございます。
    赤浜の詳細な情報をありがとうございます。
    情けない事に、八幡様の初詣のお供え物の習慣も忘れていました。ブログを見て、幼いころに家族で下ろしたての洋服を着て赤浜の神々様の初詣をした記憶が蘇って来ました。
    他にもあったような気がして父に聞いてみたら、明神様(弁天様入口)と山神様(筋山入口民家の並び)もありました。山上様は、民家が無かった頃もう少し上の方にあったと思うと言ってました。⑥は水神様で、お稲荷様は昔⑤すけえもんさん⑦かじやさん?⑧岡本でんぞうさんの各家で奉っていたそうです。
    昔は、近所で集まって杵つきで鏡餅と伸餅を作って、ゴマ餅・くるみ餅・あんこ餅・豆餅とお腹いっぱい美味しい餅を食べていました。 私は、餅よりも蒸したてのもち米が大好きで、つまみ食いをしては叱られていました。
    古き良き時代の風習は、記憶ではなく今の子供達に伝えていって欲しいと思います。

    • 小豆嶋 映子 より:

      郁ちゃん、メッセージありがとうございます。
      そうでした、弁天様の入口と、三丁目の方にもお参りする場所がありましたね。忘れてました。後で追加します。
      お正月もいろんな習慣がありましたよね。31日、1日、3日、5日は神棚にお膳を用意、5日はとろろ御飯にするとか、15日は親戚の仏様を拝む。
      そして、叔母が話ていましたが、カラスにご馳走をあげる日があったらしいです。
      小正月はきらず団子を作る時なのですが、機会を逃してしまいました。

  3. いくみ より:

    カラスのご馳走は、多分初耳です!
    そうそう、神様のお膳もきらず団子も懐かしい風習ですね。
    小正月は神棚が賑やかに飾られて、きらず団子をストーブの上でこんがり焼いて食べて美味しかったな~!
    「わるうわらすぁいんねえが!!」のなごみは、小正月だったかな?おじいさん手作りのなごみは、幼心にとてもおっかなかった記憶があります。

    • shozushima より:

      郁ちゃん、こんばんは。
      なごみのお面、津波はどこに流してしまったのでしょうね。昔を思い出すと、かけがえのない物までをことごとく無くしてしまったのだと寂しく思ったりします。
      でも、地域固有の風習、できるだけ残したいですね。

コメントを残す

* RSS FEED

404