写真展「Rebuild 大槌造船記」がはじまりました


 フォトジャーナリスト野田雅也さんの写真展「Rebuild 大槌造船記」が、10月20日からはじまりました。31日まで。場所は東京・新宿駅前のコニカミノルタプラザです。野田さんは、昨年の3.11直後から大槌町赤浜に入り、その後も現地に通い取材を続けています。赤浜にある岩手造船所の船大工たちは、折れ曲がった鉄骨をかき分け道具を集め、流れ着いた廃材で作業小屋を建て再建を目指しています。
 展示された写真はモノクロ調のカラーで、3.11直後の色のない風景を、そのまま表現したそうです。大槌出身の人たちも来場しています。下記は野田さんからです。
大槌町のみなさまへ
 大槌造船所の写真を掲載中の「フォトテクニック デジタル」が、マストの一項堂さんで発売されています。編集部の方から送って頂いた刷り出しのゲラも、書店内に展示されています。どうぞご覧下さい。
野田さん

One Response to “写真展「Rebuild 大槌造船記」がはじまりました”

  1. 小豆嶋 映子 より:

    モノクロ調の写真、すごくいい味が出ていると思いました。モノクロ調の中でも赤が強調され造船場の錆びた感じを感じ取ることができます。改めて、プロってすごいんだと、写真が全く上手くならない私は感動しております。
    新宿で見たいのですが、なかなか出かける事が難しいので、今日「フォトテクニック」を買ってきました。

コメントを残す

* RSS FEED

404