とにかく「逃げる」、「逃げる準備をする」


佐藤 寿さん
 妻が、娘が母が帰ってこない。
いいようのない恐怖に眠れず、大勢の人がいる避難所の体育館にたった一人だけ寝ているような気がして寂しい、苦しい日が何日も続いた。
体育館では、ルールも何も無視したように、勝手気ままなふるまい、大声で叫び、怒鳴るなどしながらも、互いを気づかい、協力しあう不思議な体制、コミュニティーがあった。
あの日々から一年半、二度目の盆も過ぎて自分達の生活も少し落ちついてきたような気がする。

 仮設住宅での生活も順調で、狭いのが難だが ・ ・ ・ 。
しかし、ここ仮設住宅にいる間に、次の、これからの生活設計を作らなくてはならない。
 大槌町の復興事業では、赤浜が先頭をきっているとのことだが、進んでいる感じは薄く、先のみえない現状のなかで、自分では何ができるかわからず、あせり、いらだちも感じるがそれがやり場の無い気持になり後向きの気持になる時もある。だけど時は必ず再生した街を作る。
 その為にも人任せではなく、日々できることを気負わず、すこしずつ確かにやっていこうと思う。
たまにはコケたり、泣きたくなる日もあるだろう、性根がとわれる日もあるだろうな ・ ・ ・ 。

 娘は震災から一週間後、無事戻ってきた。
職場のリーダーが「何もなければもどれば良い。とにかく避難!」をさけび、裏山に逃げたとのこと。
誤った過去の経験からの思いや、油断で多くの方が亡くなったことを思えば適切な判断だったと思う。 
復興を進める時によく「海がみえない」ことが話題になるが、とにかく「逃げる」、「逃げる準備をする」ことを優先して考えるべきだろう。海水の変化をみてからでは今震災の二の舞も ・・・ 。
 後に全国で発生する災害時に避難が軽視されているようなことをマスコミ報道で見聞きするにつけ非常に残念な気持です。他人事ではないのです、自分のことなのです。

 入院中だった母は、転院先の病院で一ヶ月後に亡くなった。
 被災後、自衛隊や全国の多くの方々の献身的な支援活動や、今日まだ続く物心両面にわたるご支援は、ともすればくじけそうな気持をしっかりささえてくれて、たいへんありがたくおもいます。
 支援、ボランティアの方々の活動については語るまでもないが大きな力をもらっています。
私達は今後けっして忘れることなく生きていかねばなりません。

 被災後に遺体でみつかった妻は、雪の横手市で荼毘にふされ去っていった。

                           佐藤 寿

コメントを残す

* RSS FEED

404