第2会赤浜復興まちづくり懇談会


第2回赤浜復興まちづくり懇談会
 9月19日第2会赤浜復興まちづくり懇談会が開催されました。内容は、復興まつづくり事業経過報告、漁業集落防災機能強化事業について、住民意向調査の報告、災害公営住宅について、被災者ローン減免制度、災害復興住宅融資等についての説明がされました。漁業集落防災機能強化事業については今回初めて詳細が説明がされ、内容は3.11では被害が受けなかったが、将来の復興工事により津波浸水域が変わり、被害を受ける可能性がある場所の嵩上げを検討するとのものでした。赤浜では、筋山へ向かう3丁目の入口辺りが対象となるとの事です。

 意向調査の中間結果報告として、移転希望地は三日月山付近に45世帯が希望しもっとも人気が高いが、その分の土地は確保できるのではないかとの事です。町では今後共通の選定方式を決めて行くとの事でした。

 災害復興住宅については予定となる間取り図がスクリーン上で提示され、初めての具体的な内容が提示された事により、将来の住宅が現実化してきたように感じる事ができました。住民からは紙ベースで配って欲しいとの要望がだされました。

 また、防集の対象となる浸水域について、現在、土地の鑑定は完了しており、土地価格を希望者には提示する事ができ、今後対象者への提示方法を検討中との話がありました。

第2会赤浜復興まちづくり懇談会資料

コメントを残す

* RSS FEED

404