写真展「Rebuild大槌造船記」/野田雅也


被災直後から赤浜の岩手造船所に通うフォトジャーナリスト野田雅也さんの写真展「Rebuild 大槌造船記」が、10月20日(土)〜31日(水)に東京・新宿のコニカミノルタプラザで開かれます。カラープリント32点。会場の住所は東京都新宿区新宿3-26-11新宿高野ビル4F

震災から一か月、被災した岩手県大槌町の岸辺で、折れ曲がった鉄骨を掻きわけ、道具を拾い集める男たちを見かけた。流された岩手造船所を再建するためだと船大工たちは言った。流れ着いた廃材で作業小屋を建て、陸に打ち上げられた漁船の修理や解体作業を始めた。かけがえのないものを失った悲しみを打ち砕くように、たえまなく槌音を響かせた。私には彼らが厳かで、気高く、そして美しくさえ見えた。写真展「Rebuild 大槌造船記」は、暮らしの声が消えた町に、明かりが灯る日を夢見て鉄を打ち続ける船大工たちの物語だ。(野田雅也)
Rebuild_001
Rebuild_002
Rebuild_003
Rebuild_004

野田雅也
チベットやヒマラヤ・インド圏を中心に、世界各地で文化・環境・社会問題などを撮影。東日本大震災の翌日から現地取材を行い、継続的に取材している。共著 に「戦地に生きる人びと」(集英社新書)、「3・11 メルトダウン」(凱風社)、「TSUNAMI 3・11」(第三書館)など。オンラインPDFマガジン「fotgazet(フォトガゼット)」を編集・発行している。
http://www.fotgazet.com/

コメントを残す

* RSS FEED

404