赤浜 やませ


やませ
 7月10日、この日は朝から晴れて、気温がどんどん上昇、それにともない海霧が発生し、大槌湾は幻想的な景色になりました。この海霧は初夏の今頃によく発生します。気温は高くなっているけれど海水温が低いため、その温度差で霧が発生する訳ですが、地元の人達はこの現象を「やませ」と呼びます。
 「やませ」は気象用語では、「東北地方の太平洋側で、梅雨期から盛夏期にかけて吹く北東風。三陸沖の親潮の上を吹いて、冷たく湿った風となり、上陸すると冷たい霧となり長期に及ぶと冷害をもたらす。」とあります。こちらの「やませ」とは事象が異なりますね。

コメントを残す

* RSS FEED

404