2012年赤浜小学校の桜満開


2012赤浜小学校桜

 5月2日赤浜小学校の桜が満開です。
 向かいの被災した校舎とは対照的に華やかな花を今年も咲かせてくれました。ただ、誰もいない校庭で桜の木は子供たちを待っているかのように少し淋しそうにも見えました。
 先日、役場の職員の方々と復興の会役員との打ち合わせがあったとき、この桜の木が話題にあがりました。小学校近辺は土盛りされ、この木を残そうとすると桜の木の周りのみが窪地となるとの事です。移植は高齢の為、難しいのではないかとの声もありました。何かいい方法がないものでしょうか。

2 Responses to “2012年赤浜小学校の桜満開”

  1. みんな より:

    ぼんぼりのように咲き誇る桜でしたね、校庭の桜は。病気になってしまった時もありましたね。まして昨年は潮を被ってしまって、、でも今年も桜は皆に「なぁ~に、まげんなよ」って言ってくれてるようにも感じます。

    形在るものを喪う事だけが被災ではないのではと思います。
    すべての者の心の被災も和らいでほしいと思います。

    • 小豆嶋 映子 より:

      メッセージありがとうございます。

      本当ですね。同じものを見ても、人それぞれ、また、その時の心の状態で見え方が異なってきます。満開の桜、淋しそうに見えたり、励ましているようにも見えたり。
      でも、赤小の桜の開花、赤浜住民誰もが待ち遠しく楽しみにしていることは共通です。

コメントを残す

* RSS FEED

404