写真報告3.11赤浜[10]


写真報告10引き波の後、ガレキに覆われた建物が姿を見せた。被害の大きさが想像できない。菊池公男撮影

2 Responses to “写真報告3.11赤浜[10]”

  1. 久保 輝昭 より:

    写真シリーズも10回目になりましたね
    有難うございます
    津波の写真はつらいけれど
    子供さんたちの巣立つ、羽ばたく姿を見ると
    大槌は、赤浜はたくましく再興すると確信できます
    昨日今日は海岸に名残り雪がありましたが
    冬の置き土産でしょう
    春がそこまで来ていることを感じています

  2. t.hira より:

    はじめまして。
    本日、「沿岸7市町の住民、海辺復興の在り方議論 気仙沼で会合」の記事を見ましてコメント致します。
    記事内の「行政は住民の意見を踏まえずに堤防整備などの方針を決めている。浜同士で話し合い、情報を共有する場にしたい」について、私も3・11震災以降、国や市町村の一律な「復興計画」に疑問を持っていました。
    「津波につよい海辺のまちづく」をコンセプトに計画を進めてきました。
    HPを参考にしていただければ幸いです。

    http://www.tunami-shelter.jp/

コメントを残す

* RSS FEED

404